口呼吸は万病の元 ポカーンと口をあけているのは要注意

昭和の時代は子供が口を開けていると、「お前はアホか!ちゃんと口を閉じろ!」と怖いお父さんに言われたものです。

しかし、平成になると、お母さんは怖くても、怖いお父さんは絶滅しました(´;ェ;`)

 

すると子供たちがポカーンと口をあけるようになったのです。

 

人間はおしゃべりをするために、気管と食道が一緒になる共有部分があります。

3ヶ月までの赤ちゃんは気管と食道が別々なので、鼻で呼吸しながらミルクも飲めます。

しかし、しゃべり始めると気管と食道が一緒になる部分ができ、気管に食べ物が入る危険性があるのです。

 

普通の動物は鼻で呼吸するのがふつうなのですが、人間は口でも呼吸ができやすいので、口呼吸になる場合があります。

 

何故か?

口の方が鼻より多くの空気を簡単に吸うことができるからです。

しかし、口呼吸を起こすと

虫歯や歯周病だけではなく、

自律神経系の異常も起こすのです

つづく

たかさき歯科医院

たかさき歯科医院

奈良県香芝にあるたかさき歯科医院です。 このブログは院長とスタッフで運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする